2020年03月27日

土日の外出自粛の影響

東京都知事からの土日における外出自粛要請の影響ですが、近所のスーパーを含めて営業時間短縮および臨時休業という対応をする飲食店が続出です。

あくまで要請なので、経営者の判断で個々に行うわけですが、地元住民は外出を大幅に控えることを前提に「まとめ買い」に走る人が増えたようです。
・ネットスーパーの加工食品が半分以上無くなりました。
・近所のスーパーの加工食品の棚から商品が激減し消えました。
・牛乳やヨーグルトまで品薄になりました。

冷凍食品が激減するのは予想していましたが、まさかパスタやインスタント麺なども根こそぎ消えるとは、そこまで予想していませんでした。
このままだと、他の麺類も?危ないのでしょうか。

いやいや、衝動的な買い物は無駄が増えるので、きっと後悔する人が居ると思います。生ものを随時調理したほうが体には良いし、節約できますよ。もうちょっと、色々な店舗を今日は見て回りたいと思います。

私はお買い得品しか手を出さないつもりです。

食材が足りなくなったら、故郷のショップから注文します。全国のショップから食料品や日用品が消える事なんてあり得ませんから。大震災の時でさえ、西日本方面には十分品物がありました。

親戚も地方に居ますので、緊急的に買い物を代行してもらうことも出来ます。
posted by いかずち at 10:53| Comment(0) | 地元での暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

取引先の信用度は事業規模ではない

私が開業した頃は、取引先企業は法人事業者しか相手にしませんでした。

ところが数年前から様変わりしました。それは大手企業でもいきなり経営危機や支払い能力に問題が生じたからです。このため、私の業界の取引先企業は、正式な代理店契約を結んでいる事業者にしか製品を売らなくなりました。

今年もある取引先に「直接現場を担当する大手ゼネコン」と取引するように依頼しましたが、断られました。初めての取引先は信頼できないので、ご容赦願いたいということでした。
*実は、ある大規模ホテルにおいて採用された防音材が急にキャンセルされて、事業所に確保した多量の防音材が使えなくなり相当の損害が発生する見込みだと聞きました。(理由は詳しいことは教えてくれませんでしたが、今回の新型ウィルス感染によるホテルの改装中止であることは明らかです)

私のような零細自営業者に後払いを認めているのに、なぜゼネコンでもダメなのか?取引先社長が言うには、この不確実な時代において、信用できるのは支払い能力と誠実な得意先だけだと言います。実績のない取引先は信用できないとまで言い切りました。
*私の支払い能力は25年間の付き合いで十分過ぎるほど知っていると彼は言いました。

私が分割払いで支払うことは了承するという返事でした。もう事業規模で相手を信用するような時代ではないのかもしれません。

取引先の大手メーカーでさえ、昨年私が約1ヶ月間入院する前に「代金の支払いが1ヶ月以上遅れるが問題ないか」という打診をしたとき、担当者からは直ぐに「体の治療に専念され、退院後に回復されてからで結構ですので、お体をご自愛ください」という返事が来ました。
*これは担当者の判断によるものです。それは送信してから約10分後に返信が来たからです。本社経理の判断ではないです。

要するに担当者が信頼する取引先は、本社も信頼するという企業としての方針だと思います。今までの取引内容や支払事務のスピードや事前連絡などの備えを見れば心配ないという評価を受けていることを示しています。
*零細自営業でも17年間営業していれば、後発の会社よりも信頼度は格段に高いという証です。

ちなみに、私の推薦する「業務提携先」なら、代金は後払いでも対応するという返事が来ています。
posted by いかずち at 09:11| Comment(0) | 自営業の生活・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

ネット生活・通販商品

今年の新型ウィルス騒動で近所のスーパーの保存食品が大分品切れになっており、自分の希望する商品を探すのが大変な状況になってきました。

そこで、私が生まれた故郷の市の観光協会が直営している通販サイトを見たのですが、大分商品の在庫が減っており、先日注文した商品のうち一つがまさかの品切れでした。※昨年は余っていたぐらい在庫が十分だったのが、今年はすでに品切れ

酒類や米の在庫は十分なので、今回はブランド米に切り替えて注文しました。米だけは買い占める人も居ないようです。

今回の品切れ商品の主なものは、「干しシイタケ」「ブルーベリージャム」「海鮮を練り込んだ煎餅」「干し柿」「麺類」などで、賞味期限の長い加工品(地元国産)です。※米はあまり人気がないようです。

ネットスーパーでも人気商品は注文量制限があり、まとめ買いは無理です。コンスタントに在庫があれば少しずつ注文すれば良いのですが、現状はそうではない。

状況がいまいちよくわからなくて、買い占めで供給が追いつかないのか? 実店舗での買い物を控えて、ネット通販やネットスーパーに切り替える人が急増しているのか。配達員に聞くと、たしかに注文件数は増えていると言っていました。
*地元の高齢者向け宅配サービスも注文が増えていると知人が言います。

これは小売業者としては、新たなビジネスチャンスと考えても良いのではないでしょうか。宅配サービスは、料理の出前を含めると、まだまだ地域によっては需要がありそうです。

とにかく、加工食品注文量は増えていると見て間違いなさそうです。

ちなみに、私の本業の方は、予想通りDIY・資材の問合せが増えています。
posted by いかずち at 15:38| Comment(0) | ウェブサイト・回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする