2020年05月31日

宝の持ち腐れにならないように

どんなに立派な会社も専門店も、その存在を世間に知られていなければ、仕事はほとんど来ないし、注文はないでしょう。

提携先は、地元では実績のある建築会社の一つではあるのですが、今まで人脈や紹介者経由で仕事を受注していました。そして、2年前から私の現場を主に担当してますが、今年の緊急事態で大半の東京方面の案件が中止になっています。

今まで提携先はウェブサイトによる宣伝は殆どしていないので、知名度は余りないです。

これが今後の課題です。

私の運営サイトも情報として閲覧する相談者は多いのですが、それが必ずしも受注には結びつかないのが商いの難しいところだと思います。
それは、閲覧者が専門的な情報の活かし方を知らない、理解していないということが最大の理由です。
*コンテンツの価値が余り理解できないのだと思います。

ただ、専門的技術も活かす場面がなければ「宝の持ち腐れ」になる。提携先も私の設計書を渡しても、施工する場面がなければ無意味です。

先日、出来るだけ早く、自社のホームサイトを宣伝する手立てを考えるようにアドバイスしました。

それから、私の方は、今までに実践した案件を踏まえて、専門情報を整理したページを構築中です。

今年のような非常事態においては、専属の職人や正社員を抱える中小企業は大変です。毎月固定費がかかりますから、持続化給付金だけでは足りません。

ちなみに、ホームサイトをPRする方策ですが、主なターゲットの年齢層を考えると、ツイッターやフェイスブックだけでは弱い気がします。
むしろ、普通のブログのほうがマッチすると考えられます。
複数のスタッフが、各々ブログやCMSサイトを運営して、ホームサイトをリンクしたらどうかと思います。

posted by いかずち at 18:08| Comment(0) | ウェブサイト・回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

なんだかテレワークの反動でしょうか

今年は、諸事情で事務や経理、本業の設計・コンサルティングなど想定外の予定変更への対処で振り回されたという印象です。
*まだ今年も約7か月はあるのですが(笑)。

不完全燃焼な部分と、新たにテレワークへの軌道修正で対応できた成果点が混在しています。なんだか儲けようという気持ちが薄くなり、今年は無事に過ごすことが出来ればそれで良いという気持ちが強くなりました。

加齢のせいでPC作業で肩こりや利き腕のしびれもあり、今後は作業時間を大幅に減らして、新規受注をしばらくは調整しようと思っています。
一方で、中期的な対応として新規の情報発信を追加のウェブページに盛り込もうとしています。

目新しいことではなく、今までの成果や研究結果などをまとめて整理したページとして形にしたいと思っています。
これに盛り込んだことが、今後の自分の仕事の中核になるように考えています。

これが出来上がれば、運営サイトの更新もやりやすくなり、頭の中も大分整理されると思います。

まずは、週休3日制を確立して、体の負担を軽減するつもりです。
日曜・祝日を定休にして、残り1日をランダムに使って、トータルで概ね週3日休むというスタイルにしたいです。

こんなことが出来るのも、自営業という商いのフレキシブルな面だと思いますが、これは業種・業態によって異なりますね。
今年は、焦っても仕方ないので、ゆっくりしたいです。
posted by いかずち at 14:45| Comment(0) | 自営業の生活・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

ウェブサイト・キーワード検索で情報集め

会社など職場のテレワークや在宅ワークが増えると、当然、PCのネット利用が増えます。

必要な情報をキーワード検索で探す機会が増えます。私の業界も専門業者の対面営業やショールームが自粛され、相談者もネット上で専門業者を探すことになります。

このため、普段はキーワード検索に十分な時間をかけないユーザーも、時間が余っているため、かなり粘り強く検索します。
それで、私のウェブサイトを見つける人が増えたという気がします。

私のブログ記事に関する質問も来るようになりました。

では、問い合わせが増えた分、受注が増えるのかと言うと、私の場合はあまり関係ないようです。私の場合は、防音材注文や相談の問い合わせが増えても、要望される内容・用途を検討して問題があれば、注文自体を断ります。

提案書も理解されなければ、契約になることはありません。

先月から今月の問合せ件数は急増しましたが、前年に比べても契約件数は減っています。相談者の予算自体が厳しいのは理解していますが、無理に金額を下げても、要望される性能を確保できないので、予算的に折り合わなければ辞退するしかないです。

ですが、私自身も従来型の事業メニューだけではジリ貧だと思っていますので、現在は改めて相談者への専門的情報を伝えることが出来るように、新規の情報サイトのコンテンツを作成中です。
まずは、情報集めをしている人に理解していただけるよう、専門家として必要な情報提供を継続するつもりです。

そして、いつかご予算を確保されたときに、再度ご相談いただけるように「防音職人」という名称を記憶してもらうことを主眼に努力を続けています。なので、質問事項には出来る限り回答しています。

私自身も、本業やウェブサイト構築に関する情報を随時、キーワードで検索しています。
posted by いかずち at 13:33| Comment(0) | ウェブサイト・回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする